女性のいびきは生活習慣を見直して軽減

貴方のいびき大丈夫ですか?

女性のいびきは生活習慣を見直して軽減

寝室の空気を震わせるいびきは中年男の象徴?周りに迷惑をかけるだけなら謝ればすむ話だが、そのいびきが実は病気のサインだとしたら・・。貴方のいびき、そのまま放置しておいて大丈夫?
以前は中年男の象徴でしたが、最近は女性のいびきが凄いんです。女性の進出により、女性の男性化が進み

 

生活習慣を見直すことでいびきはかなり軽減できる!

 

睡眠中にのどの筋肉がゆるみ、空気の通り道が狭くなることで抵抗が起き、大きな音がでる。これがいびきです。
周囲にとっては迷惑ですが、いびき自体は喉が渇くといったデメリット程度で、特に健康を損なうものではありません。

 

とはいえ、なんとなく年寄りくさいし周りにも嫌がられるし、できるものなら治したいけれど・・・

 

日本人は全般的にあごが長く後退した骨格をしており、横になった時にのどが塞がりやすいため、西洋人に比べるといびきをかく人の割合が多いんです。
そのほか、生まれつきのどの筋肉の弛緩の度合いが高い人も、いびきをかきやすい傾向があります。
でも、そうした先天的な体質とは別に、生活習慣を整えてのどをふさぐ要因を除いていけば、いびきは改善する場合も多いんです。

 

アルコールを控えたらり標準体重に近づけるなど、身近なところから見直してみてください。また、睡眠薬を常用しているといびきがひどくなる例もあるので、思い当たる人で、いびきが年々大きくなっているという場合は要注意です。

 

 

いびきの起こるメカニズム

 

あお向けに寝ると、重力の影響で舌の付け根が喉の方に多少は落ちる。正常な範囲内であれば気道をふさぐことなく、鼻からの空気の通り道が確保されるのでいびきは出ないが、のどの奥にまで舌が大きく落ち込んでしまうと空気の通り道をふさぎ、気道が狭くなってしまう。そのを空気が無理に通ろうとするため、空気抵抗がおおきなりいびきがです。

 

就寝中は全身の筋肉がゆるむのに合わせてのど筋肉もゆるむため、気道が狭くなりやすい。 加えて舌がのどの奥にまで落ちてさらに気道を圧迫し、いびきが起こる。

 

 

いびきをかく原因

 

のどが狭い、あごが小さい

先天的な体質で気道が狭い人や顎が小さい人は、空気の通り道が確保できず空気抵抗が大きくなるためにいびきをかきやすい。いびきをかく人の4分の1はこれが原因と言われている。

 

口呼吸

寝ているときに口を開けて呼吸をすると、気道が狭くなりいびきにつながる。鼻が悪いと口呼吸になりがちなので、思い当たる人は花の治療も並行して行うべし。

 

肥満
太っていると身体全体に脂肪が多くなるが、それはのどの内側もおなじこと。のどにたくさんの脂肪がつくことで気道をふさぎ、空気が通りづらくなってしまう。

 

アルコールや睡眠薬の服用

酒を飲んだ日はいびきをかく、という人も多いはず。アルコールはのどを含めて全身の筋肉をゆるめる作用があるため、飲酒によりいびきをかきやすくなる。睡眠薬も同様だ。

 

 

いびきを治すには?

 

横向きに寝る

就寝中ずっと横向き寝を確保することは難しいが、横向きに寝ると舌がのどの奥に落ちこまないで、いびき軽減になる。 できるだけ週刊づけるようにしてみよう。

 

マウスピース

あお向け時に下あごを持ち上げて前に出すので、気道をしっかり確保できるため、いびき対策に効果的。 保険適用なので、歯科で自分の口に合ったものを作ろう。

 

 

 

▼家庭でもできるいびき改善の詳細はこちらをクリック

 

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル

 

 

命に係わることもある 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

 

一晩に何度も呼吸が止まり心臓や脳にもダメージ大!

 

のどがどんどん狭くなって最終的に完全にふさがらり、無呼吸状態になる。 これが一晩のうちに何度も起こるのが、睡眠時無呼吸症候群。
SASの定義は10秒以上呼吸が止まった状態が、1時間に5回以上あること。ひどくなるとこれば一晩で何度も起こります。食生活が不規則だったり飲酒の機会が多い40〜50代の男性でなる人が多いんです。日常生活に支援を来しますし、重症化すると心臓病などのリスクも高まるので、いびきがひどくなっているという人は、一度病院の睡眠外来などできちんと検査してみましょう。

 

 

睡眠時無呼吸症候群による生活へのリスク・デメリット

 

日中の活動性の低下

無呼吸から呼吸が再開する際、脳波は覚醒(起きた)状態になる。つまりSASになると、夜はほとんど寝れていない状態に。しかし本人には眠れていない自覚はない場合が多く「睡眠時間は足りているのに日中強烈に眠い」を悩むkとに。仕事の効率も落ちることは必須。

 

心臓や脳の病気になる確率アップ

無呼吸状態が続いて身体に酸素が取り入れられなくなると、心臓や脳の負担が増加。高血圧や心筋梗塞、脳卒中などの病気のリスクがぐんと上がってします。今はいびきだけで無呼吸ではない人も、進行すればこれらの病気の発症リスクも同時に高まるので要注意。

 

 

 

▼家庭でもできるいびき改善の詳細はこちらをクリック

 

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル